海洋ミネラルの結晶、マリーナクリスタルミネラルで健康生活始めませんか?アトピーや敏感肌の方にお勧め★MCM情報サイトです♪

MCM OFFICIAL SITE


   お客様体験談

■ お客様の声 ■

海洋ミネラルを実際にお使いになった方々から寄せられた、嬉しい体験談です♪
この喜びを皆様も、味わってみませんか?
● 即効性に驚きです 
MCMを飲み始めて2週間くらいで胃の調子が良くなりました。
今まで悩まされていた心臓の動悸まで無くなり、驚いています。 (M.S様)
 
 
 あらゆる効果を実感      
目の疲れがなくなった。
吹き出物の跡が早く消え、シミが残らなくなった。 服用後2日目、3週間目、40日目に宿便が出た。 (T.M様 男性)
 
 酒好きにはお薦めです     
MCMを飲むようになってから、お酒を飲み過ぎても2日酔いしなくなった。
こんなところにまで効果があるとは、正直驚きです。  (M.I様 45歳 男性)
 
 しつこい便秘が治りました♪ 
便秘がひどく5日以上出ないのも当たり前だったのが、MCM服用翌日より宿便を伴った便が毎日出るようになりました!
肩こりも1週間目からなくなり、寝不足でも朝すっきりと目覚めることが出来るようになりました。(T.M様 46歳 女性)
 
 
 アトピーが改善されて、家族一同感激しています
僕は、20歳を過ぎてから、アトピー性皮膚炎になりました。アトピーというと、小さい子供の病気だというイメージがありますが、僕のように大人になってから発祥することも少なくないのだそうです。最近は、アトピーになる人の数も年々増加しているようで、テレビや雑誌などで、アトピー性皮膚炎がどういうものであるかとか、アトピーになることがどんなに辛いものであるとかいったことは知っているつもりでした。でも、実際に自分がアトピーになってみると、こんなにも辛い病気なのかとあらまず、四六時中痒くて痒くてたまらないのです。掻いてしまえば、掻いたところの皮膚がボロボロになるし、傷になったところが盛り上がったりして、もっとひどくなることがわかっていても、もう掻かずにはいられません。

あまりの痒さに、眠れないこともよくあります。この強烈な痒みだけでも我慢ならないのに、ボロボロになった皮膚を表にさらけ出していると、「汚い」「気持ち悪い」と周りの人の目が言っているような気がして、いたたまれなくなります。
何も悪いことはしていないのに、と理不尽な思いにとらわれていつもイライラするようになります。
そういったストレスがたまってくると、それが免疫系をまた狂わせるのだそうで、さらにまた、状態が悪化していくという悪循環に陥ってしまうのです。

アトピーになってからの4年間、僕はなんとかアトピーを治すことはできないかと、ありとあらゆることを試しました。アトピーを抱えているたいていの人がするように、大きな病院なら何か手があるのではないかと思い、それまで通っていた個人病院だけではなく、大手病院にかかってみたりもしました。漢方が効くそうだと聞けば漢方を、温泉療法が効くと言われれば温泉に入りました。光線療法も試したことがあります。アトピーに良いと言われるものならば、民間療法も含めて、できるものは全てやってみたと言っても過言ではありません。しかし、それだけ徹底的に試みたにも関わらず、回復の兆しは全くありませんでした。いつしか、僕は「アトピーはやはり治らない病気なのかもしれない」と絶望的な気持ちになっていきました。

「何をやってもうまくいかない」、その思いが精神状態を極限状態に追い込みます。そうなると、周りにいる家族たちにも、このピリピリ感が伝わってしまい、家族ともどもストレスを抱え込んで、心身ともに疲れ果ててしまったのです。
そんな僕を見かねてか、友人が「海洋ミネラルを使ってみたら?」と教えてくれました。同じようなアトピーの人で、海洋ミネラルを使うことで良くなった人がいるのだそうです。それまで、様々なものを試してことごとく裏切られてきた経緯がありますから、「これも結局は駄目なんじゃないか?」とも思いましたが、せっかく紹介してくれたのだからと、とりあえず使ってみることにしました。

僕が使ったのは、粉状になった海洋ミネラルです。僕の場合、症状が治まるまでにそれほど時間はかかりませんでした。海洋ミネラルを使い始めてすぐに、あんなに激しかった痒みがすうっと引いてきたのです。
それまでの4年間が失望の連続でしたから、この時の喜びはまたひとしおでした。もう、嬉しくて嬉しくて、言葉でなんと言い表してよいのかわからないくらいでした。大げさに思う人もいるかもしれませんが、本当に「よし頑張ってみよう!」というような、生きていく希望というか、勇気が湧いてきたのです。(これは、実際にアトピーになった人にしかわからないかもしれませんが、それほどまでに、アトピーというのは深刻な大きな荷物になるのです)            そうなると精神的にもどんどん楽になります。ストレスを溜め込むことも少なくなります。以前は、ストレス→状態悪化→ストレスの悪循環で、どんどん悪い方へ転がっていったのが、今度はどんどんいい方向へ転がっていくようでした。
現在、海洋ミネラルを使い出してから1年3ヶ月くらいですが、皮膚はほぼ100パーセント近く回復しています。。海洋ミネラルは、皮膚の表面をきれいにするだけではなく、ちゃんと体の内側からアトピーを改善していってくれたのです。 家族もまた、僕がアトピーになったことで色々と心配もし、治すためにと協力してくれましたが、自分でも信じられないくらい良くなったのを見て、「よくここまで治ったものだなあ」と喜んでくれています。一時は絶望して諦めそうになりましたが、そんな苦しかった時期に支えてくれた家族と、海洋ミネラルを教えてくれた友人に心から感謝しています。本当に諦めないで良かった。そう思います。
 
 白内障が改善され、アトピー性皮膚炎もきれいになった
白内障は歳をとってからなるものだと思っていたのですが、アトピー性皮膚炎もあるためか、病院で「たいしたことはないが、濁りがある」と言われてしまいました。しかし、自分ではそれほどというか、ほとんど気になるものではありませんでした。

それよりも、アトピー性皮膚炎がひどくて、そちらの方が何とかならないかと思っていました。ジクジクした汁が出てきたりと見た目もひどくて、何よりも耐えられないくらい痒いのです。そのために熟睡ができず、いつもイライラします。精神的にかなり疲れ果ててしまうのですが、精神的に消耗してしまうのは僕だけではなく、一緒に暮らしている家族も同じでした。ですから、もちろん両目の白内障も治したかったのですが、同時にアトピーもどうにかなるようなものがあればと思っていたのです。
そんなときに紹介されたのが海洋ミネラルでした。アトピーというのは、体を守ってくれるはずの免疫がバランスを崩している状態なんだそうです。海洋ミネラルで体のミネラルバランスを整えると、免疫が正常に戻っていくのだと聞きました。免疫がうまく働かないために起こる病気に対しても、海洋ミネラルは実績があるということでした。

白内障などの目に関する研究データはないようでしたが、とにかくそんなに良いものならアトピーだけでも少しはマシになるのではないかと考え、使ってみることにしました。(僕が飲んだ量は、1日に4グラムくらいでした)海洋ミネラルを飲むようになってからも、眼科では3ヶ月に1度の検眼を受けていましたが、飲み始めて1年と2ヶ月経ったとき、「白内障が良くなっている」と言われました。本などを読むと、白内障は一度かかってしまうと戻らないと書いてあるので、良くなったと言われたときは「え?」という感じでした。

検査の間違いなんじゃないかと思い、他の眼科も2ヶ所行って調べてもらったのですが、一つの病院でも「何か濁りのようなものが見えるようだが、ほとんどわからない程度で大丈夫ですよ」と言われました。僕の場合、まだ初期だったこともあるのかもしれませんが、白内障がほとんど改善されたわけです。自分ではあまり気にしていなかったとはいえ、やはり「大丈夫」といわれると嬉しいものです。

しかし、もっと嬉しかったのは、少しでもよくなればと思っていたアトピー性皮膚炎のほうです。
自分で皮膚を清潔に保つなどの努力をしたこともあるのかもしれませんが、びっくりするほど皮膚がきれいになったのです。もう今では、普通の人と変わらないくらいです。耐えられない痒みもないので、夜もちゃんと眠れるようになり、イライラも以前ほどしなくなりました。家族も気のせいか、明るい顔をしていることが多くなったような気がします。
 
 高血圧が1ヶ月で驚くほど改善した

私が海洋ミネラルと出会う前は、長い間高血圧に悩まされ、病院でいわれるように食べ物に気をつけたり、出される薬をきちんと飲んだりしていても、思うように良くならない状態が続いていました。高血圧は将来脳卒中などになりやすいとよく言われますから、それなりに気をつけてはいたものの、仕事の忙しさにかまけて、よくないとわかっていても外食をすることもありますし、仕事上の付き合いなどもそうそう断るわけにはいきません。それに、こう変化がないと半ば諦めの境地にもなってくるものです。

いいものがあれば試したいけれど、特別に期待もしないという状態で、海洋ミネラルを手にとったのです。海洋ミネラルについては、その時点でも糖尿病の血糖値が改善されるなどといった研究データがあると雑誌に出ていたので、漠然と「いいものかもしれない」とは思っていました。とはいえ、飲み始めて約1ヵ月後、まさか自分がそれを実感させられるとは思っていませんでした。

1日に海洋ミネラルを1.2グラムずつ飲み始めてだいたい1ヶ月した頃、いつものように高血圧をみてもらうために病院へ行ったのですが、そこでの測定値は下が90で、上が129。それまでの測定値は低いときでも上は151で、下が94というところでしたから、今までにない改善でした。どう考えてみても、海洋ミネラルの他には特別なことはしていませんから、海洋ミネラルの影響としか思えません。それでもその時は、「もしかしたら一時的なものかも」という疑いは拭いきれなかったのです。

しかし、それから以後の検査結果は、すべて私をいい方に裏切ってくれました。初めて高血圧の改善をみた検査からさらに1ヶ月後の検査では、122−85、4ヶ月後には116−88。もちろん、やみくもに血圧が低下していくというわけではなく、ちゃんと標準値を保ち始めたのです。つい先日計った数値は、高い方が114で低い方は84。海洋ミネラルを飲む前には、考えられない改善の仕方です。

何か運動をするだとか、食事の塩分計算をするというのは、確かに体にとって必要だと思いますが、継続して実行するのはかなり根気のいることだと思います。とくに仕事が忙しい人にとっては、健康も大切だけれど仕事を優先しなければならないことも多くあると思います。私もそういった人間だったわけですが、こういう生活をしていても、毎日ほんのちょっとだけ飲むことで高血圧を改善できる海洋ミネラルというのは、嬉しい存在ですね。必要な人がいれば、ぜひ、すすめたいと思います。

私は今も海洋ミネラルを飲んでいます。高血圧はもとより、これから糖尿病だとかガンだとかの成人病が気になる年齢になりますので、そういった危険性も、これで低くできるのではないかと期待しています。

 
 夫婦そろって血糖値が安定した

ある日、娘から突然、海洋ミネラルのカプセルが送られてきたのが、海洋ミネラルに接した最初でした。まだテレビなどで海洋深層水なども取り沙汰されていなかった頃でしたし、私自身、健康食品というものにはあまり関心がなかったので、そのままにしていたのですが、2、3日して娘から電話があり、「絶対にいいから飲んでみて」と言われたのです。

ミネラルが体にいいというのはなんとなく知ってはいましたし、せっかく娘が送ってくれたのだからと、まあ毒にもならないだろうと飲み始めました。私は15〜16年前に慢性膵臓炎で入院したことはありましたが、その頃は食事にさえ気をつけていればたいしたこともなかったので、病院もさぼりがちでした。また、自分でもほぼ健康体という自負がありましたので、海洋ミネラルを飲むことで何かを期待していたわけではなかったのです。そのため、海洋ミネラルを飲んでいるとはいっても、思い出したときに一つくらい飲む程度。娘から「どう?」と聞かれても、何がどうなのかさえわからなかったというのが本当のところでした。

ところが、しばらくして久しぶりに病院に行ったところ、お医者さんから「糖尿病になっているね」と言われてしまったのです。
昔は仕事も持っていたのでからだは常に動かしていたのですが、8年前くらいに主人が大腸ガンの手術を受けてからは、仕事も辞め家にいる時間ばかりが長くなっていました。それに加えて、外に出られないというストレスからか、前にも増して甘いものなどを口にする機会が増えていましたので、それがたたったのかもしれません。血糖値を測ってもらうと、160以上あると言われました。ちょうど電話がかかってきた娘にそのことを話すと、「海洋ミネラルを飲んで血糖値が安定したという話も良く聞くから、きちんと毎日飲んでみなさいよ」とあらためてすすめられたので、今度はさすがに毎日3粒ずつ、主人と一緒に飲み始めたのです。

きちんと飲み始めてまず気が付いたのは、海洋ミネラルをちゃんと飲んでいると、お通じが毎日きちんとあるということでした。元来便秘がちなほうで、世の便秘もちの方と同様、2〜3日でなくてもそれが普通だったのですが、便秘はいろいろと害を及ぼすと言いますから、それだけでも体にはいいのかな、と考えていました。

海洋ミネラルを飲み始めて3ヶ月くらいした頃でしょうか。糖尿病の状態を診てもらうために病院へ行ってみると、「血糖値が安定してきましたね」とお医者さんに言われたのでちょっと驚きました。もちろん食事にも気をつけてはいましたが、特に厳格な制限をしているというわけでもありませんでしたので、そんなに早く血糖値が安定するなんて思わなかったからです。その時に測ってもらった血糖値は90。完全な健康体という値ではないそうですが、「薬は膵臓炎のものだけにしますから、あとは食事と運動に気をつけて頑張ってください」と励まされました。

驚いたことはもう一つありました。それは主人のことです。主人は以前に大腸ガンの手術をしていますので、再発がないかどうか、定期的に病院での検査を受けています。その検査で、主人もまた糖尿病と言われていました。主人の場合は軽い症状だということもあって、とくに海洋ミネラルが血糖値を安定させるなどということは話していなかったのですが、どうやら主人も「病院に来るまでもない。糖尿病とはいえない程度ですよ。」とお医者さんがおっしゃったそうです。もちろん、検査結果はすこぶる健康体。ガン再発の気配など微塵もないそうです。逆に本人は「検査が間違っているんじゃないのか?」などと疑っているようですけれど。

最近、娘から「海洋ミネラルは細胞をイキイキさせるから、老化防止にもいいんだって」と聞きました。
どうせなら、健康でいつまでも若々しくいたい私としては、これからも海洋ミネラルにお世話になっていこうと思っています。

 
 偏頭痛が治まり、疲労感がすっと消えた

海洋ミネラルは、会社でお付き合いのある薬剤師さんから「すごいものがあると」と教えていただきました。薬剤師さんのところのお客さんでも使う人が増えてきていて、アトピーの人や肝炎の人、果てはガンを抱えている人までが使っているということです。しかも、ちゃんとそれないの結果が出ているということだったので、ちょっと興味を持ち飲み始めてみました。薬剤師さんの説明では、海洋ミネラルは人間に元から備わっている免疫力を強化してくれると同時に、体の色々な機能が正常に働くように整えてくれるのだということでした。

私の場合、これといって大きな病気をしているわけではないのですが、とても忙しい職場で休みも取れたり取れなかったりなので、なんとなくいつもだるい感じはしていました。また、仕事でコンピュータを使うことが多いせいか、肩凝りや偏頭痛は日常茶飯事です。食生活も乱れがちだったせいか、冷え性が強くなっており、むくんだかと思うと立ちくらみがしたりと、小さなことではあまり健康な状態とはいえなかったのです。ですから、「多少でも体の調子を整えてくれればラッキー」くらいの気持ちでした。

海洋ミネラルを飲み始めて一週間位した頃でしょうか。本当なら休みだった日が仕事の都合で出勤となり、2週間近く休みなしで働くことになってしまったのです。こういう場合、だいたい5〜6日すると偏頭痛がひどくなったり、だるくて頭が働かなくなったりします。しかし、毎度のことなので「いつものこと」と我慢するのが常なのです。頑張ろうと必要以上に緊張するせいか、神経が高ぶって眠れなくなり、余計に疲労するというのがいつものパターンでした。この時も、覚悟して、なかば諦めて仕事をしていたのですが、予定の日程の半分が過ぎたとき、あれっと思いました。いつものひどい偏頭痛がないのです。そういえば、普通のスケジュールで働いているときもたまにあった軽い頭痛さえもこのところありません。夜もきちんと眠れているではありませんか。しかしその時は、それが海洋ミネラルのせいだという自覚も無く、単にたまたま体調が良かったのだろうと思っていました。そのため、つい面倒になって海洋ミネラルを飲むのを忘れるようになっていったのです。

ところが、2ヶ月くらい経った時のことです。前回と同じように、また続けて10日ほど出勤ということになってしまいました。
今度は予想通り、5日ほどすると頭の回転も鈍くなり、頑固な偏頭痛が出てきて、仕事でのミスも続発させてしまったのです。そのうえ、生理日にあたっていて、激しい生理痛で出社時間を遅らせなければ毎日出勤することもできなくなってしまいました。これではいけないと思ったとき、ふと、2ヶ月前のことを思い出しました。海洋ミネラルを飲んでいたときも生理日がありましたが、不思議といつもの生理痛も無く、さほど疲れたという感じもなかった記憶があります。

そこで、ダメでもともとと、棚の隅に追いやられていた海洋ミネラルをまた手にとったのです。まさか、ここまではっきりと効果が出るとは思いませんでした。すがるように海洋ミネラルを飲んだ翌日から、まずは頭痛と生理痛が止まったのです。疲れも完全には無くなったわけではありませんが、翌日までだるくて起きられないという感じはスッキリとなくなっていました。おかげで、後の日程はミスもなくなり、快調なペースで仕事をこなすことができ、予定の10日よりも1日早く仕事を切り上げて休むことができたのでした。

それであらためて、「2ヶ月前の調子のよさはやっぱり海洋ミネラルのせいだったんだ」と納得したのです。
今までは海洋ミネラルは病気の人だけのものと考えていましたが、私のように日頃から忙しい仕事をしているような人は一度試してみる価値はあると思います。実体験からおすすめできます。

 
● 卵巣のう腫で手術を受けた後でも無事に出産ができた

子宮内膜症という診断を受けていたものが、卵巣にのう腫が発見されて、右の卵管と卵巣を切除する手術を受けました。
どんな手術を受ける人もそうだと思いますが、私も「悪いところを取り除いたからこれで安心」と思っていたのですが、しばらくして左にものう腫ができてしまったのです。

私は現在も仕事を続けていますが、それと同時に家庭を持つ主婦です。生理痛が前にも増して激しいものになったことで、職場と家庭での作業が辛いということもさることながら、子供が欲しいと思っていましたので、なんとかならないだろうかという気持ちが強かったのです。

そこで出会ったのが、海洋ミネラルでした。ある人からすすめられて、昨年の2月から、1日5グラムを目安に毎日飲み始めました。はっきりいって、ミネラルを摂ったからといってそれほどの改善があるのかということには半信半疑だったのですが、飲み始めてから、徐々に激しかった生理痛が軽くなってきたのです。また、不規則だった生理が順調に来るようにもなり、「もしかして」という期待が出てきはじめました。

そして飲み始めてから半年ちょっとたった頃、卵管と卵巣が一つずつという条件にも関わらずちゃんと懐妊し、今年の9月に無事、元気な赤ちゃんを出産することができたのです。今は、海洋ミネラルに感謝をしています。

 
 骨粗鬆症が改善、潰瘍性大腸炎の具合もよくなった

年齢とともに、誰しもが腰や膝などが痛くなるようですが、私もご多分にもれず、腰痛と膝の痛みで悩んでいました。病院で手の骨の検査を受けたら、原因は骨粗鬆症。それから骨粗鬆症の薬を処方され飲むように言われました。ところが薬を、飲むと胃の具合が悪くなってしまい、もともとあった潰瘍性大腸炎の持病も悪化してしまったため、今度は薬をやめることになりました。

とはいえ、何もしないでいても骨粗鬆症がよくなるわけでなし。そこで何か方法はないかと探したところ、薬局で海洋ミネラルをすすめられたのです。骨が弱いのだからカルシウムだけを飲めばいいのではないかと思ったのですが、カルシウムだけ過剰に飲んでいると結石ができやすくなったり、かえって体に負担をかけることもあるそうで、体がもともともっているミネラルのバランスを保ちながらミネラル補給をした方がよいということでした。

海洋ミネラルを飲むようになってから後、10ヶ月ぶりくらいで病院に行ってもう一度、検査を受けてみました。その結果は、「橈骨遠位の骨密度は標準、橈骨+尺骨超遠位の骨密度はやや低めだが標準」というもの。薬もいただかなかったのに、よくなってしまっていたのです。こんなにすんなりと回復するなんて驚きました。現在も、海洋ミネラルを1日5グラムほど飲み続けていますが、毎日飲んでいても胃が悪くなったりもしないし、持病だった潰瘍性大腸炎のほうも調子がよいようです。自然のものだから、体にも無理がかからないのかもしれないと思っています。

 
 喘息がウソのように改善された

喘息の本当の辛さや苦しさは、本人もそうですが、家族の抱えるストレスも大きく、本や話で聞くよりもずっとずっと大変なものです。私自身、喘息がひどく、とくに夜中の発作はひどいものでした。このまま死んでしまうのではないかと思うくらいたまらない状態が続きました。発作が起こると、私も眠ることができませんが、心配してくれる家族もまた、眠ることができません。喘息発作を抑えるための気管拡張剤や吸入剤(ステロイド剤と拡張剤でした)、痰を取り除くための去痰剤、気管の炎症を抑えるための消炎酵素剤などのたくさんの薬を使っていましたが、それでもなお、夜中の発作にたびたびみまわれ、私も家族も疲れから解放されることはありませんでした。

これ以上の薬は気が進まなかったのですが、今の状態を少しでもよくしてくれるものはにかと考えていたときに、薬局で教えられたのが海洋ミネラルでした。海洋ミネラルは薬ではなく健康食品だということでした。副作用などの心配はないものの、本当にこれを飲む意味があるんだろうかとも思いましたが、海洋ミネラルが「体が正常な働きを取り戻す手伝いをしてくれる」ことを説明されました。また、最近の研究で、アトピーなどを改善できるように働く免疫物質を体がつくり出すのも助けてくれるらしいことがわかってきたことを聞いて、ものは試しと、1日に2グラムずつ海洋ミネラルを飲むことにしたのです。

いいものという説明は聞いていましたが、まさかこれほどとは正直、思っていませんでした。海洋ミネラルを飲み始めてからたった2週間で、喘息の発作がかなり軽くなってきたのです。さらに、4ヶ月目に入るころには、なんと発作がほとんどなくなりました。夜中の死ぬんじゃないかというくらい辛かった発作がウソみたいになくなり、ぐっすり眠れます。発作のたびごとに起こされていた家族も大喜びです。体の中で炎症を起こす物質(好酸球)の数が、5ヶ月で23.8%から6.2%にまで減ってきたのです。発作がなくなってきた理由が、単に発作を抑え込んでいるだけではなく、体の中が正常な状態になってきているためだという証拠だと思います。

海洋ミネラルを飲んで良かったと、感謝しています。健康食品といっても、なかにはこんなに凄いものがあるんですね。

 
 何をやっても改善されなかったC型肝炎に希望が見えた

自分の不摂生が原因なら諦めもつくのでしょうが、私の場合、C型肝炎になってしまったのは、病院での治療が原因でした。それがわかったのは、血液製剤中のウイルスについて世間が騒ぎ出した頃で、病院側からは「当時は予測できなかったものとして了承していただきたい」という手紙をもらっただけでした。激しい怒りをかんじたものの、当時の私は「C型肝炎」がどういった病気で、その後の人生がどう変わってしまうかということを、まだ深くは理解していなかったのです。

まず、C型肝炎が進行するにつれ、体のだるさや疲労感が強くなりました。私はものを書く仕事をしていたのですが、こういう仕事は常に締め切りに追われるもので、間際になれば徹夜を重ねなければならない体力勝負のところがあります。疲れたからといって、締め切りが待ってくれるわけではなしと、さらに無理を重ねていたことも良くなかったのでしょう。気が付いたら仕事はおろか、普段の生活にも支障をきたすようになってしまっていました。肝臓がちゃんと機能してくれないということは、体にとって不可欠なタンパク質をちゃんと作れないということです。また、体にとって有害なものを解毒したりする力も弱くなるということになります。スタミナがないので極端に疲れやすくなり、特に午前中はほとんど何もできない状態になりました。
それでいて、夜はどうしても眠ることができず、疲れがなかなか解消できません。免疫力も低下しますから、風邪もしょっちゅうひくようになります。不眠や風邪を治そうと薬などを飲めば、それがまた肝臓に負担をかけて、さらに状態は悪くなってしまいます。そして常に欝状態が襲ってきて、未来に対する希望も持てなくなってきていました。実際、ちょっと遠出をしたりするときも、途中で倒れるかもしれないと覚悟を決めて、外出しなければならないのです。仕事どころではありません。収入の道も大幅に閉ざされて、私は「もういつ死んでもいいや」という心境にまで追い込まれてしまっていたのです。

そんな時、インターネットで知り合った友人を通じて、海洋ミネラルを知ったのです。それまで、私はほとんど諦めながらも、「もしかしたら」という気持ちで、様々な健康食品を試してきていましたが、どれも思ったような効果が得られずにいました。
ですから正直な話、海洋ミネラルに対しても当初は懐疑的でした。海洋ミネラルが様々な研究データをあげていること、人間の体液と同じミネラルバランスであり、体に負担をかけないことなど色々と聞きましたが、結局はミネラルなのだから体にいいとはいってもそれほどの効果も無いだろうと思っていたのです。それでも、親身になって話を聞いてくれた人がすすめてくれるのだからと、試してみることにしたのです。

体調に変化が表れたのは、海洋ミネラルを飲み始めてたった5〜6日後でした。右腹部(胆のうと肝臓のあたりだと思うのですが)、ここにはごく小さな胆石があるので、それまでは時々鈍痛を感じることが多かったのですが、そこの不快感と重苦しい感じがかなり緩和され始めたのです。
さらに続けていると、今度はアレルギー性鼻炎が全く無くなり、頻繁に襲ってきた軽い嘔吐感が消えました。しょっちゅう風邪ばかりひいていたのが、軽いうちに休養するだけで回復するようにもなりましたし、血液検査でも、GOTやGPTがまだ高い値ながらも安定してきたのです。ちょっと自分でも信じられない結果でした。

インターフェロン治療ができてから、私のような病気の人にはある程度の希望が見えるようになったと言われます。しかし、この治療法は結局は自分の体が作らなければならないものを外から入れて補っているだけです。いつになれば自力で健康を取り戻すことができるのかが見えない不安があるように思います。

その点、海洋ミネラルは「自分の体が必要なものを作り出すことができるように」してくれることが、研究データからわかってきているそうですから、本当の意味での希望になってくれると思います。私も、以前は常に欝状態にとりつかれて「死にたい」とまで思っていたのですが、海洋ミネラルを飲んでいるとあの欝状態からも解放されるためか、今は「とにかく生きたい」という前向きな気持ちになってきています。できるなら、ずっと海洋ミネラルとお付き合いして、また昔のように、仕事も生活も楽しめる自分に戻りたいと考えています。

 
 慢性腎不全が改善に向かい、顔色がよくなった

親戚の中にも腎移植を受けた者はいたのですが、自分が医者から「慢性腎不全で、このままだと透析をしなければならなくなりますよ」といわれたときは、まさか自分もと想像を絶する大きなショックを受けました。腎臓というのは細い血管の塊で、血液がこの血管を通る間に綺麗にされるようになっているのだそうですが、私は、この働きがうまくいかなくなっているのだと言われました。その時の検査数値は、BUN(尿素窒素)が55、Cr(クレアチニン)が4.0、K(カリウム)が7.0と、かなり高いものでした。慢性腎不全の場合、治していくためには、腎臓に負担をかけないように食事の内容を低タンパクにしたり、あまり激しい運動をしないようにしたりします。また、病院からも薬が出されます。私もそういった指導を受けて薬をもらっていましたが、あまりはかばかしい変化はありませんでした。このまま透析ということになってしまえば、自分にとってわずらわしいばかりでなく、家人に余計な負担をかけることになります。経済的な面からいっても、馬鹿にならないと聞いていましたので、完全に良くなることは無理でも、せめて透析をずっとせずにすむようにしてくれるものがあればと考えていましたところ、人から薦められたのが海洋ミネラルだったのです。

薦めてくれた人の周りでは、海洋ミネラルを飲んでいる人はなかなか治らないと言われている病気が、何ヶ月とかそれくらいの間に好転したということでした。聞いているとすごい話ばかりなのですが、そうなるとかえって本当なのだろうかと疑いたくなるものです。私も知人の話にうなずきながら、半分は疑い、半分は「もしかしたら」という気持ちでした。とにかく、薦めてくれた人が信頼できる人であったので、一度試してみるかということになったのです。

何の変哲もない細かい粉末でしたが、これを1日2グラムずつ飲むことにしました。飲み始めたのが3月の終わりくらいでしたから、だいたい3ヶ月もした頃だと思います。なんとなくという程度ですが、だるい感じが無くなってきたようでした。ただし、このときはまだ、それが海洋ミネラルのせいだとは確信できずにいました。

本当に「ああ、海洋ミネラルって本当にいいんだ」と驚いたのは、それからさらに2ヶ月経った8月に、もう一度腎臓の検査をしたときでした。海洋ミネラルの他に、特別なことはしなかったのに、検査の数値がされたのです。これほどはっきりと数字になって結果が表れては、もう疑いの余地はありません。体のだるさもなくなってきたのも、周りの者から「ずいぶんと顔色がよくなったね」と言われるようになったのも、なるほどこのせいだったのかと納得したのです。

健康食品というのは、宣伝では大層なことを謳っていても、実際にはたいして意味の無いものが多いですが、海洋ミネラルのように、本当に良い結果をもたらすものもあるのですね。驚きました。

 
 先天性白内障が改善され、飛蚊症もうすくなった

私は会社勤めをしている30歳の女性です。最近は、どこの会社でもOA化が進んだためか、視力が低下したり、ドライアイになったりする人が多いと聞き増す亜g、私もまた、これまで目については色々と悩まされてきた一人です。元々、私には「先天性白内障」があって、それだけでもあまり健康な目とは言えません。その他にも飛蚊症でも悩んでいて、いつも目の前を虫のようなものやヒモのようなものがたくさん飛んでいるようで、視界がスッキリしないうっとうしさを感じていました。それに、「飛蚊症になると網膜剥離の危険性が高い」というのを何かの本で読んだことがあったので、目に関しては、常に不安を抱えていました。そして、何よりも目のかゆみ!アレルギー性結膜炎があるせいだと思うのですが、かなり強いかゆみがありました。そのうえ、周りの人にも多くいましたが私もドライアイで、目が乾く感じも強くありましたから、目薬なしではとてもではありませんが目を開けているのが辛い状態だったのです。

そんなある日、薬局の薬剤師さんに、木になっていた目のかゆみとドライアイのことを話したところ、「海洋ミネラルを一度試してみては?」と、パウダー状の海洋ミネラルを教えてくれたのです。舐めてみると、しょっぱくはないけれど苦味がありましたが、この苦味は海水に含まれているマグネシウムによるものだということでした。「海洋ミネラルは天然の海水から作られているけれど、これは99.9%塩分は取り除いてあるから、塩分の摂りすぎもないし、体にも安心ですよ」という言葉に、おいしいよは思わないけれど、それほど飲みにくいものでもないしと、使ってみることにしました。

私の場合、白内障もあるので最初少し多めで試してみることにしました。使った量は!日に4グラム程度で、多いとはいっても、「これで本当にいいのかな?」という量です。どんな病気でもそうだと思いますが、良くなるときは除々に良くなるものなので、「いつぐらいから症状が改善された」かは、はっきりしないのです。

飲んで4ヶ月くらいからだったか、あれほど気になっていた目のかゆみと乾きが無くなりました。今は、まだたまに点眼薬を使うこともありますが、以前と比べるとぐっと回数が減っています。これだけでもとても嬉しいのですが、それよりももっとビックリしたことがあります。

飲み始めて5ヶ月目くらいに、眼科で白内障の検査を受けたのですが、そこでなんと「白内障の濁りはありません」と言われたのです。「先天性」だから、絶対にこれは治らないと思っていたので、本当に驚きました。念のために、他の眼科にも3ヶ所出向いて診てもらいましたが、どこの医師とも「白内障無し」と診断してくれました。嘘のようです。あともう一つ残ったうっとうしい飛蚊症については、まだ白内障のようにスッキリとはいかず、今もまだ回復していません。それでも、シャがかかったような状態は、前よりもずいぶん薄くなってきていると思います。これから先、こちらも無くなってくれるといいな、ととても期待しています。

目と海洋ミネラルの関係は、まだまだこれから研究されるところだそうですが、とりあえず、今白内障で悩んでいる人がいたら、実体験から「これはいいよ」とお勧めしたいと思います。

 
(一部、中川和宏著「海洋ミネラル」より引用)



MCMに関するお問い合わせ・ご質問は

0120-8000-50

までお気軽にどうぞ
copyright MCMナテュラルビューティー